社会科概論 科目最終試験 ☆合格済☆ 佛教大学【S0613】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,361
ダウンロード数198
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

                      
        ☆合格済☆    このまま覚えるだけです!!    赤字、アンダーラインで、効率よく覚えられるように作っております。

    1.「理論1 社会認識内容を豊かにし、それを判断材料として価値判断をさせれば、市民的資質が育つ」を説明し、
       平成20年学習指導要領における社会科の教科目標との関連について考察しなさい。
    2.「理論4 単元の学習内容が、構造化された知識として提示されれば、学習内容の定着性・応用度が高まる。」
       を説明しなさい。
    3.「理論10 事象の分析の結果、法則性、未来予測を踏まえれば、合理的意志決定ができる。」を説明しなさい。
    4.「理論15 社会を認識している 自己の位置を相対化できれば、認識内容の科学化が図れる。」を説明しなさい。
    5.「理論16 『知る』、『わかる』を区別した授業設計ができれば、社会的見方の育成が可能になる」を説明しなさい。
    6.「理論22 子どもが持っている情報と結びつけながら研究させれば、納得的にわからせることが出来る」を説明しなさい。


    理論1・4・10・15・16・22 (6問掲載) 80点以上で合格済

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.「理論1 社会認識内容を豊かにし、それを判断材料として価値判断をさせれば、市民的資質が育つ」を説明し、平成20年学習指導要領における社会科の教科目標との関連について考察しなさい。
     
     理論1は、社会科で育てる子ども像に関わる。「社会認識内容を豊かに」とは、社会がわかる為の内容、つまり、生産、流通、消費、といった社会構造の基本や、政治の仕組み等の知識を広げることである。また、「それを判断材料として価値判断をさせる」とは、社会認識内容を踏まえて、合理的意志決定能力により価値判断させることである。それが、「市民的資質が育つ」ことに繋がる。
    このことから、認識内容を保障することに中核を置いた社会科授業の重要性と「社会科は内容教科である」という社会科教育の基本がわかる。
    次に、平成20年度学習指導要領の社会科の教科目標との関連について述べる。
    社会科の目標には、「社会生活についての理解を図り、国際社会に生きる平和で民主的な国家・社会の形成者として必要な公民的資質の基礎を養う」としている。
     つまり、「社会生活についての理解を図り」とは、理論1の「社会認識内容を豊かにし」である。また、「公民..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。