リハビリテーション論第2設題,佛教大学、社会リハビリテーションにおける社会福祉士の役割について、考察せよ。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数485
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    判定はAでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会リハビリテーションにおける社会福祉士の役割について、考察せよ。
    リハビリテーションは医学的、教育的、職業的、社会的なものに分けられる。医学、教育、職業的なものは相互に重なり合いながら縦ならびに位置づけられる。社会的リハビリテーションは横並びに位置づけられ、リハビリテーションの全過程が円滑に進行するように、経済的・社会的条件を調整するためのサービスである。社会的リハビリテーションには技術的体系があるわけではなく、理念として捉えられており、障害者が家庭、地域社会、職業上の要求に適応できるように援助したり、全体的リハビリテーションの過程を妨げる経済的・社会的な負担を軽減し、障害者を社会に統合または再統合することを目的としたリハビリテーション過程の1つである。この事は、家庭、地域社会、職場等への適応を援助するとともに、医学的リハビリテーション、職業リハビリテーションなどを受けている期間の経済的保障や福祉サービスの提供等を意味していると理解できる。この部分で社会福祉士は大きな働きが必要である。医学的リハビリテーションにおける理学療法、作業療法等が障害者の身体機能の回復を目指し、職業リハビリテ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。