家族福祉論第2設題,佛教大学、家族福祉の必要性・意義と援助方法について、事例をあげて論じよ。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数739
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    判定はAでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族福祉の必要性・意義と援助方法について、事例をあげて論じよ。 
    家族福祉とは、多様な家族形態がライフスタイルとして選択できるような社会的サポート・システムの確立という意味では、その家族の多様化を支援し、ライフスタイルとしての多様な家族形態に対しての主観的な選択を保障するという課題をになうものである。
    社会福祉援助を実施していく中で、対象となる家族は家族成員からなる共同体であり、一概に対応することは難しい。社会福祉援助では、対象者を社会生活を行ういち社会人とみなし、対象となる本人、その人を取り巻く家族、地域、制度を含めた対応が必要となる。
    しかし、家族福祉では対象が家族となるために、要援助者を介護する家族のニードを優先するのか、また、要援助者本人のニードを優先するのか、あるいはその家族を取り巻く地域住民からの援助が獲得できるのか、獲得できなければ、どちら側のニードを優先させるべきなのかが非常に難しくなってしまう。また、ケースマネージメントを家族に対して行う際には、家族が援助の受け手になってしまい、担い手にはなれないという問題も発生する。
    要援助者が高齢者であった場合や、子供の場合など家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。