家族福祉論第1設題,佛教大学、テキストの「ⅩⅣ家族福祉の展開4ひとり親家族」を読んで、ひとり親家族への支援策の現状と課題について論述せよ。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数477
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    判定はAでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの「ⅩⅣ家族福祉の展開4ひとり親家族」を読んで、ひとり親家族への支援策の現状と課題について論述せよ。
    ひとり親家族には母親または父親の片方いずれかとその子とからなる家庭をいい、単身世帯ともいう。母と子の母子家庭、父と子の父子家庭があり、かつてはこれらをまとめて欠損家族と言っていた。また、このような状況下の親についてもそれぞれ母親ではシングルマザー、父親ではシングルファーザーという。昨年の東日本大震災で親などの保護者が死亡・行方不明となった震災遺児世帯のうち、半数が母子家庭となっており、次いで父子家庭が3割、両親ともいない世帯も2割に上ることが、東京都のあしなが育英会の調査で報告されている。このうち、保護者で働いている親は6割にとどまり、17%が非正規雇用、9%が求職中である。
    ひとり親家庭は、両親がいる家庭に比べ経済的、精神的に不安定なケースが多く、2009年の厚生労働省の発表ではOECD加盟30カ国の中で日本のひとり親の相対貧困率はワースト1位となっている。そのため地方自治体が主体となって育児、医療等に対し助成金などの支援が行われている。また、一人親家庭のみを対象としたもので..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。