社会福祉方法原論第2設題,佛教大学、社会福祉制度の新しい仕組みへの移行が、利用者・家族の暮らし、福祉施設・事業所の運営・経営に与えている影響について明らかにした上で、福祉専門職に求められる課題とは何かについて論述せよ。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数505
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    判定はAでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉制度の新しい仕組みへの移行が、利用者・家族の暮らし、福祉施設・事業所の運営・経営に与えている影響について明らかにした上で、福祉専門職に求められる課題とは何かについて論述せよ。
    2000年の社会福祉法成立に代表される社会福祉基礎構造改革では高齢者福祉には介護保険制度が導入され、利用者主体の制度を社会福祉の基本原則とした。そして社会福祉の基調を施設福祉中心から在宅福祉中心に転換することを打ち出したが、地域での生活を支援するとなれば、生活の主体である福祉サービス利用者が主体となることが求められ、今までの「措置制度」では行政が主導的立場で、利用者もサービス提供者も福祉サービスの選択や決定に当事者として制度的に保障されず、利用者主体の福祉サービスにするには、サービス提供の方法を行政主導型の措置制度から利用者・事業所主体型の利用契約制度に転嫁した。
     この改革では障害者福祉分野での支援費制度の導入のほかに、福祉サービス第三者評価の導入、福祉サービスの質の向上、地域社会福祉協議会に「成年後見」を意図した権利擁護や、地域福祉計画策定などの地域福祉推進など利用者が地域で自分らしい生活を営むことを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。