2011年佛教大学A判定 W0346 地域福祉論 第2設題、「地域福祉における住民自治・住民参加の意義をふまえた上で、地域福祉の推進方法について考察しなさい。」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数994
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「地域福祉における住民自治・住民参加の意義をふまえた上で、地域福祉の推進方法について考察しなさい。」
    地域福祉の基本理念であるノーマライゼーションは、従来からの選別主義から普遍主義への思想的転換を必要とする。地域福祉における普遍主義は障害の有無に関わらず、社会保障の権利の行使が保障されており、地域社会との繋がりを保って生活できるようになっている状態を目指している。また、それは地域福祉はじめ社会福祉において要援助者の生存権の権利に根ざした概念である。高度経済成長期に伴う地域社会から見た福祉問題の増加は、それ以前の経済優先の論理支配が強い社会からの変化を求め、政策展開においても福祉理論を優先させるコミュ二ティの形成を実践レベルで方向付ける事になった。コミュニティにおいても一般的コミュニティから福祉コミュニティへの転換を要求することとなった。このように、経済の変化に伴う福祉問題の増加は、本来の家族機能の衰退・地域コミュニティの崩壊にともない顕在化し、それを補う形での対応を求める結果になった。また、欧米からのコミュニティケアを初めてとする理論の輸入によって地域福祉の理論化が生じたのである。戦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。