社会福祉原論第2設題、2011年、佛教大学、B判定、W0102 社会福祉原論 第2設題「市場の欠陥」と「政府の欠陥」をふまえ、社会福祉「市場化」の問題点と市民本意の社会福祉の課題をまとめなさい。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数198
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「市場の欠陥」と「政府の欠陥」をふまえ、社会福祉「市場化」の問題点と市民本意の社会福祉の課題をまとめなさい。
     社会福祉の改革に大きな影響を与えている、現在の資本主義におけるグローバリゼーションは、先進資本主義国に有利な世界経済の協調・調整システムを国際諸機関によって整備するだけでなく、市場原理主義を拡大させる動きを伴う。国民国家は近代以降の資本主義に適合的な国家といわれており、「福祉国家」も国民国家の枠組みにある。しかし、グローバリゼーションは市民経済=国民経済を危機に陥れているといわれている。
     第二次世界大戦以降に形成された世界資本主義の構造はアメリカを中心に再編されており、アメリカの財政難の影響は他の戦略資本主義国に直接降りかかる。アメリカの財政難の影響は他の先々資本主義国に直接降りかかる。アメリカの世界的地位が落下したことによる先進資本主義の影響は日本も例外ではなく、国際的な資本主義の矛盾の激化を引き起こした。その結果、独占資本は資本蓄積の国際条件に接触する「福祉国家」解体の動きを引き起こした。
     日本における「福祉国家」の形成の特徴は日本独自の社会構造である日本型企業社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。