Z1102 教育原論1 第1設題 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数304
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学のレポートです。図書館で資料を収集してから作成したレポートですのでA判定をもらっています。
    わたしは文系大学院を卒業してから佛大に入学しました。
    質の高いレポートを作成できていると評価されていますので参考にしていただけると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)ハヴィガーストの発達課題と教育との関係
     「発達課題」という考えは、アメリカの教育学者であるハヴィガーストが提唱した考えであり、彼の著作『人間の発達課題と教育』において積極的に述べられている。ハヴィガーストが述べた「発達課題」とは、人間の一生のなかでのある特定の発達段階で学ぶことによって乗り越えなければならない課題であって、その課題を達成できたものは幸福になる一方で失敗した場合には不幸になるという、人間の成長に対して非常に大きな意味をもつものである。
     また、ハヴィガーストは「発達課題」の考えが教育にとって有益であると述べている。彼は次のように述べている。「発達課題の概念が、教育者にとって役に立つ理由は二つある。その一つは学校における教育目標を発見し設定することを助ける点にある。……その二は、教育的努力をはらうべき時機を示す点にある」。社会は教育を通して、個人がその発達段階を確実に習得することを援助している。個人の発達段階に応じた適切な援助を実行するためには「発達課題」に関する理解は欠かすことのできないものである。さらに、教育の内容が定まったとしても教育の適時を考慮せずして有効な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。