05行動学概論_社会

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数273
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間行動学概論レポート                   
    1.人間行動学とは
     人間は行動する存在であり、それゆえ人間の生活上にはさまざまな人間行動を見ることができる。それぞれの人間行動には意味や動機が内包されており、それは他者との関係性のなかで行われるものである。それではある人間行動が行われる場合、その人間行動はなぜ行われるのか。そこにはどのような意味や動機が含まれていて、どのような他者との関係性のもとにあるのか。人間行動学では、これらの疑問を明らかにするために「人間」「社会」「文化」という3つの概念を用いる。つまり人間行動学とは、人間行動を「人間」「社会」「文化」の三項関係から理解・解明・考察する学問である。
     人間行動学においては、「人間」をパーソナリティの側面から捉える。パーソナリティとは個人の行動に見られる一貫した傾性を意味し、それは個人の属する「文化」の影響を大きく受ける。個人は成長していくなかで学習を通して「文化」を内面化させていく。これによって「社会」のなかでの生活をスムーズに行うことが可能となり、個人は社会化の過程を経ることとなる。個人は社会化されることにより、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。