R0113 日本語学概論 第2設題 佛教大学 2012年度版

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数810
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学のレポートです。図書館で資料を収集してから作成したレポートですのでA判定をもらっています。わたしは文系大学院を卒業してから佛大に入学しました。質の高いレポートを作成できていると評価されていますので参考にしていただけると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題 「美しい」と「きれいだ」について、意味の類似点と相違点を述べよ。
    1 「美しい」と「きれいだ」の用法と用例
    まず『日本国語大辞典 第2版』を用いて、「美しい」と「きれいだ」の用法と用例を述べる。
    ・「美しい」の用法と用例
    肉親に対するいつくしみをこめた愛情からはじまって、かわいい。いとしい。愛らしい。「うつくしと思ひし妹を夢に見て起きてさぐるに無きぞ悲しき」
    幼少の者、小さい物に対して、様子がいかにもかわいらしい。「うつくしきもの、瓜にかきたる児の顔」
    美一般に対して、美麗である。立派だ。「美しい風景」
    不足や欠点がなくちゃんとしている。「かくて大学の君、その日のふみ、うつくしう作り給て進士になり給ひぬ」
    人の行為や態度、文章、音色が好ましい感じである。「美しい音色」
    新しい、新鮮である。「新しいものをうつくしいといひ、古いものをめんどいと云」
    ・「きれいだ」の用法と用例
    美しくはなやかなさま。「おのれがかせぎは疎略して、居宅を奇麗に作り」
    姿、顔形などがさっぱりとしていて美しいさま。「アノ、奇麗なお女中でございませう」
    澄んできよらかなさま。「きれいな水を汲む」
    耳に聞いて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。