教育社会学 第1設題 S0106 レポート 〔A判定〕

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,019
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学
    第1設題
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。

    2011年度に提出した最新レポートです。
    A判定をいただきました。

    あくまで参考資料としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育社会学
    第1設題
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     高学歴を求める風潮と経済成長に支えられ、日本の教育は飛躍的に躍進してきた。その結果、受験競争や学歴重視社会を生みその批判が声高に叫ばれ、ゆとり教育に方向転換するも学力低下を招き、新学習指導要領では「詰め込み」でも「ゆとり」でもない「生きる力」を育むという理念のもと、知識や技能の習得とともに思考力・判断力・表現力などの育成を重視している。(文部科学省ホームページ)こうした背景を踏まえ、学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が教育にもたらす影響について考察する。
     『教育の比較社会学』第2章2節によると、学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する。社会的地位は職業的地位、文化的地位と重なり、学んだ教育機関により職業選択、給与体系、出世速度など様々な機会で学歴が影響を与える社会のことである。また、学歴社会と混同しやすい言葉に高学歴社会があり「高学歴者の多い社会」を意味する。日本はアメリカ、カナダ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。