教育原論 第1設題 S0101 レポート 〔A判定〕

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数385
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1設題
    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。

    2011年度に提出した最新レポートです。
    A判定をいただきました。

    あくまで参考資料としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    ペスタロッチーは、1746年スイスで生まれ、5歳で父を亡くした後、幼年期を母と家政婦に育てられる。こうした背景が、教育における女性の重要性を説いたことに影響したと考えられる。彼は空想や感情が発達した子どもであり、祖父の影響もあり、信仰から貧民救済できると考え聖職に就く決意をしたが、諸悪の根源は法律の乱用であると気付き、神学から法学に転向する。愛国心と政治改革に目覚め、政治事件に関わり投獄された後、1771年ノイホーフ農場を、1774年に貧民院を設立し、教育活動を開始する。代表的な著書に『陰者の夕暮れ』、『リーンハルトとゲルトルート』、彼の思想が体系的に述べられた『人間の発達における自然の歩みについての私の探求』などがある。以下に、直観教授の考え方を中心として、彼の教育学について述べる。
    (1)教育の原理  ペスタロッチーの教育の原理は「有機的・発生的教育方法」と「直観の原理」の2つから構成される。
    子どもの「考える」力と「感じる」力を引き出すことが大切であり、学校の主な目的は、「教える」ことにあるのではなく、「発達さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。