教育方法学 第二設題 S0104 レポート 〔A判定〕

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,578
ダウンロード数88
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育方法学

    第2設題
    教師の技術や実践知とはどのようなものであるか、またそれを共有することの意義を整理し、さらに教育技術や実践知を表現する方法や流通させるための方法を考え、具体的に説明せよ。

    2011年度に提出した最新レポートです。
    A判定をいただきました。

    あくまで参考資料としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育方法学
    第2設題
    教師の技術や実践知とはどのようなものであるか、またそれを共有することの意義を整理し、さらに教育技術や実践知を表現する方法や流通させるための方法を考え、具体的に説明せよ。
    はじめに
     教師は子どもの成長に関わる専門的な職業であり、技術や知識の流通を意識した実践は専門家の責務である。刻々と変動していく社会情勢の中で、教師に求められる技術や実践知とはどういうものであるのか、また、それを共有することにどんな意味があるのかについて考察し、自らの教育方法を具体的に考える。
    1. 教師について
    (1) 教師とは何か
     教師という職業は一般に学校の教師を指し、学校という公的な教育機関に勤務するという公の性質をもつ。大学において教育職員免許法に定められた教育課程を修了した人に教員免許状が付与されることから、公的基準に基づき養成されることがわかる。義務教育を含め国民を育成する基準が公的に定められており、その中で知識や技術を子どもに教えることで報酬を得ることから教師も職業である。また、知識や技術を伝えることに加え、子どもの人格形成、人間性の形成にも携わることになり、教育者でもある。教師..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。