【最新!!A判定】2011年度佛教大学 S0106_教育社会学_第1・2設題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数193
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度最新のリポートです。 合格の実績レポートなので、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし,高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」
     学歴社会に対して私のイメージとしては,とても窮屈な思いを感じる。何か子どもたちが勉強に縛られて,子どもたちの勉強に対する自由な発想に制御をかけているかのような印象があるのは私だけなのであろうか。このような印象を受ける人が大勢いたからこそ,今日でも話題になっている「ゆとり教育」が始まったのである。しかし,学歴社会に対して,嫌悪感を感じている私たちではあるが,そのイメージだけで批判して,実際の学歴社会とはどういうシステムなのか理解していないのではないだろうか。私はこの学歴社会とはどういうものなのかを十分に熟知した上で賛否の声を挙げるべきだと考える。では以下に学歴社会について述べていきたい。
     まず,学歴社会の定義として「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」であると考えられる。上記の定義として,学校での成績が優秀なものが一流大学に進み,その後,一流企業などに進出し,日本の将来を担う人材であるかのような表現だと考えられる。ただし,根..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。