【最新!!】2011年度佛教大学 S8105_理科教育法Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数437
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度最新のリポートです。 合格の実績レポートなので、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子供たちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    そのうち1つの観点から,あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ
    はじめに
     まず二つの設題について,最初に1について述べた後,二つの関連について述べていこう。
    これまでの理科教育からの変化
     日本は,地域によって,その場所に存在する自然やそこで起こる自然現象,そして動物や植物の種類は地域によって様々であり,とても変化に富んでいる。ところが,自然を対象とする理科教育は,この変化に富んだ地域の自然を教材とするのではなく,全国共通の同じ素材を使用して行うのが一般的である。私が考えるには,大阪であれば大阪の自然があり,福岡では福岡の自然があるのだから,これらの地域の自然を使用することが大切だと考えられる。近年,地域性を生かした理科教育が注目されており,各学校で,地域の自然を教材化した実践が見られるようになった。なぜこのように,地域の自然を教材化することが必要であるのか?この事は次章で「子どもの自然の認識」と「理科教育・環境教育の目的」の2つの観点からこの必要性を述べていこう。
    子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。