感覚、知覚、記憶、学習とカクテルパーティー効果についてa

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,061
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験心理学情報心理学習記憶感覚言葉生物知覚

    代表キーワード

    心理学

    資料紹介

    感覚、知覚、記憶、学習についてまとめる。そして、カクテルパーティー効果について説明したいと思う。その効果は聴覚での実験だが、視覚でのカクテルパーティー効果もあり、面白い実験なのでそれを説明しようと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    はじめに
    感覚、知覚、記憶、学習
    1.感覚とは
    2.知覚とは
    3.記憶とは
    4.学習とは
    第二章 カクテルパーティー効果について
    1.カクテルパーティー効果
    2.横切るゴリラ
    おわりに
    はじめに
    感覚、知覚、記憶、学習についてまとめる。そして、カクテルパーティー効果について説明したいと思う。その効果は聴覚での実験だが、視覚でのカクテルパーティー効果もあり、面白い実験なのでそれを説明しようと思う。
    感覚、知覚、記憶、学習
    感覚とは
     感覚とは一般的には視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感のことを言い、初めて感覚をその五感に分類したのはアリストテレスといわれている。そして、現在では五感に足して二つの感覚がある。それは平衡覚と固有感覚である。
    平衡感覚とは重力のある場の中で、体の方向や運動を検出する能力である。ヒトの場合は内耳に平衡感覚器官をもっている。
    固有感覚とは筋力が伸ばしたり縮めたり、関節などの曲げたり伸ばしたりする動きと関係がある感覚である。自分の体や手足をどのようにうまく動かしていくのかにも関係してくる感覚である。
    知覚とは
     動物が外界からの刺激を感じ取り、意味づけすること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。