日米の役員報酬制度と株主価値経営a

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数444
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境日本経営アメリカ企業社会文化株主地域

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    役員報酬制度について日米の違いを取り上げたのちに、その違い、そして関連している株主価値経営について考察する。その株主価値経営は現代の経営としては時代錯誤となりつつある。株主価値経営と違う新たな経営の展望を考えてみる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    はじめに
    日米の役員報酬制度
    日米の役員報酬
    日米の役員報酬の比較
    株主価値経営
    1.株主価値経営と役員報酬制度の関係
    これからの経営
    ポスト株主価値経営
    はじめに
    役員報酬制度について日米の違いを取り上げたのちに、その違い、そして関連している株主価値経営について考察する。その株主価値経営は現代の経営としては時代錯誤となりつつある。株主価値経営と違う新たな経営の展望を考えてみる。
    日米の役員報酬制度
    日米の役員報酬
     これまで日本の役員報酬は一部を除いて公開されることはなかった。しかし、「役員賞与は、決算後に行われる利益処分の手続きをもって支給され、費用計上されないのが一般的でした。しかし、新会社法では、役員賞与は職務執行の対価と位置づけられ、役員報酬と同様に費用計上することになりました。 このような変化を受けて、平成18年の税制改正において、税務面における役員報酬・役員賞与の取り扱いも全面的に見直され、役員報酬も賞与も「役員給与」としてひとくくりにされます。」
    (http://www.610-kaikei.com/news/law/4.html 2010.12月15日アクセス)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。