国際財政論についてa

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数290
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本経済企業政策国際戦争社会政治問題グローバル

    代表キーワード

    経済

    資料紹介

    国際財政論について考えるために、第一章で財政・金融・政府の役割について考察していく。財政は主に国内の問題だったが、グローバル化の流れの中で一国の財政政策が国際的に影響を与えたり、国際的な流れをみて財政政策を決定していく必要性が次第にでてきた。また、金融政策も一国の問題を超えて他国間や世界的な規模での協調が必要となる場面が多くなってきた。それらの協調を達成するためには一国の政府ではもちろん対応することができないため、多国間の協調のための“世界政府”という考え方も出現する。
     第二章では世界または地球規模での財政政策や財政活動が求められるようになってきた過程と、それらに必要な重層的ガバナンスやグローバルタックスの問題点やリスクについて考察する。地方、国、世界規模での重層的なガバナンスではそれぞれの考え方や習慣などの文化によってガバナンスの方法が様々であり、重層的なガバナンスでは問題点が多く出現する。重層的なガバナンスの一番外側にあるのが地球規模のガバナンスであると思われる。その地球規模のガバナンスでの歳入となるのがグローバルタックスだが、このグローバルタックスにも問題点があり、一筋縄でいかない現実がある。
     第三章では国際財政のこれからを考える。地方、国、世界と段々に重ねられ今日ではグローバルな視点で財政政策を決定していく必要があり、そのためにはグローバルタックスの必要性と重層的なガバナンスの問題点を解決する必要がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    はじめに
    第一章 財政・金融・政府
    1.財政政策の役割
    2.金融政策の役割
    3.政府の役割
    第二章 地球規模での財政政策
    1.地球規模での財政活動
    2.重層的ガバナンスやグローバルタックス問題点
    第三章 国際財政のこれから
    1.解決策
                      はじめに
     国際財政論について考えるために、第一章で財政・金融・政府の役割について考察していく。財政は主に国内の問題だったが、グローバル化の流れの中で一国の財政政策が国際的に影響を与えたり、国際的な流れをみて財政政策を決定していく必要性が次第にでてきた。また、金融政策も一国の問題を超えて他国間や世界的な規模での協調が必要となる場面が多くなってきた。それらの協調を達成するためには一国の政府ではもちろん対応することができないため、多国間の協調のための“世界政府”という考え方も出現する。
     第二章では世界または地球規模での財政政策や財政活動が求められるようになってきた過程と、それらに必要な重層的ガバナンスやグローバルタックスの問題点やリスクについて考察する。地方、国、世界規模での重層的なガバナンスではそれぞれの考え方や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。