ブランドデザイン戦略a

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数167
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報企業経営文化電子地域都市サービス芸術感想

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    近年、コンテンツ自体よりもコンテンツのブランディングが注目されつつある。そのブランディングに関して第一章で優れた3つも事例をあげ、私なりの考えを述べたいと思う。そして、第二章では私の思う優れたブランディングについての事例をあげ、自分なりの理由を述べたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    はじめに
    自分の考える優れた三つの事例
    1.パリ万博のブランディング
    2.ウィキペディアのブランディング
    3.PASMO・Suicaのブランディング
    身の回りの事例
    Amazon
    はじめに
     近年、コンテンツ自体よりもコンテンツのブランディングが注目されつつある。そのブランディングに関して第一章で優れた3つも事例をあげ、私なりの考えを述べたいと思う。そして、第二章では私の思う優れたブランディングについての事例をあげ、自分なりの理由を述べたいと思う。
    自分の考える優れた三つの事例
    パリ万博のブランディング
     私はパリ万博の事例がブランディングとして優れていたと思う。なぜなら、パリ万博の事例ではパリを「清潔で安全な街パリ」に変えたからである。また、いままで大衆的でなかったものが大衆化したり、文化や芸術などを照らす契機になり消費者の位置づけも変えることとなったからである。
     パリ万博より以前にあった、ロンドン万博ではフランスとの対抗が背景にあったために国威発揚などの政治的な意図が存在していた。そのため、規模を誇る見世物としての意味合いがつよかったと思われる。その一方でパリ万博は全体とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。