競争と公平感

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数880
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本的特徴を非合理的公平性だと考え、その特徴はグローバル化が進む現代社会にそぐわないと感じ、その特徴を改めるべき理由を市場主義経済と結びつけて考察した。そして、第二章で私が考える市場経済のメリットを考察した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    要旨
    はじめに
    競争と公平感
    1.日本的特徴
    2.私の思う競争と公平感
    第二章 市場経済のメリット
    1.大竹文雄氏の考え
    2.私の思う市場経済のメリット
    おわりに
    要旨
     はじめに、競争と公平感について日本的特徴を考えた後に日本的特徴はグローバル化が進む現代社会にそぐわないと感じ、その特徴を改めるべきかを市場主義経済と結びつけて考察した。そして、第二章で大竹文雄氏の考える市場経済のメリットをまとめたのちに私が考える市場経済のメリットを考察した。
                      はじめに
     私たちは日本に住んでいて、日本は市場主義経済の国であるために市場主義のもと日々競争にかられている。その中で競争と公平感や市場主義のメリットなどを考察したいと思う。
    競争と公平感
    日本的特徴
    日本の競争は非合理的な公平だと思う。
    大竹文雄氏は「魚種ごとに総漁獲可能量(TAC)が決められて資源管理が行われている。日本の沿岸漁業では、オリンピック方式という資源管理が行われている。オリンピック方式では漁期と漁獲量の上限が決められているだけである、漁期がはじまると一斉に漁をはじめ、漁獲枠がいっぱいにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。