相談援助における人と環境との交互作用に関するシステム理論の特徴についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数439
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○相談援助における人と環境との交互作用に関するシステム理論の特徴についてまとめなさい。
     ソーシャルワークは、その対象を「人とその環境」の交互作用の視点で把握して援助するといわれる。全ての生命存在は、必ず何らかの環境に取り囲まれており、その環境と交互作用しながら生存を維持し、生活していることは自明の理である。この人と環境の交互作用を焦点として援助理論を確立したところに、ソーシャルワークの特色がある。交互作用する「人とその環境」において、その関係を人と環境の分離だけでなく、一つの統一体として把握する方法論としての理論化に貢献したのがシステム理論である。
     システム理論は、対象をシステムとして捉え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。