ソーシャルワークの源流からソーシャルワークの基礎確立期、発展期、展開期といった歴史を振り返り、そのうちのひとつの時期を取り上げ、まとめてください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,498
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○ソーシャルワークの源流からソーシャルワークの基礎確立期、発展期、展開期といった歴史を振り返り、そのうちのひとつの時期を取り上げ、まとめてください。
    社会福祉実践の起源は19世紀末の慈善組織教会の諸活動にみられる。慈善組織教会は個人の恣意的な慈善を組織化して科学的にとらえたことで、ソーシャルワーク形成に大きな影響を与えた。その後、リッチモンドの著書『社会診断』と『ケースワークとは何か』によってケースワークは確立され、1920年代、リッチモンドの「ケースワーク論」とフロイトの「精神分析理論」が融合し「診断主義学派」となり、援助対象や関心が生活困難者から神経症患者へとシフトされたのである。
    フロイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。