算数科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数82
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「算数科教育の歴史(黒表紙教科書、緑表紙教科書、水色表紙教科書、単元学習、現代化、ゆとり)について述べ、それらの教育内容を自分の視点で考察せよ(4枚程度)。上記を踏まえ、2002年度完全実施の学習指導要領(算数科)の特徴について述べ、その教育内容を自分の視点で考察せよ(4枚程度)。」
     
    江戸時代から現在までの算数科教育の歴史を大きく4つに分け、その教育内容について、諸外国からの影響を含む社会的背景及びその時代の子どもの実態をもとに整理し、自分なりに考察しようと思う。
    ①江戸時代から明治時代まで
     江戸時代の日本では藩校や私塾・寺子屋などを中心に子どもたちの教育が行われていたが、中でも寺子屋においては算盤を用いた珠算など実学的な算数が行われていた。明治に入り、1872年に学制が制定されると、最初の文部省編纂の教科書が随時発行され、ペスタロッチの直観主義を背景に、筆算を基本とする洋算が中心であった。
     1905年には藤沢らによって第一期国定教科書「尋常小学算術書」(黒表紙教科書)が編纂され、厳格な数え主義のもとで、数と計算を中心に構築された内容であったが、当時の子どもの認識の発達を考慮し..

    コメント1件

    みそっくす 販売
    A判定でした
    2011/04/12 10:39 (5年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。