聖徳大学 「社会Ⅳ」 第二課題(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数172
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    聖徳大学社会ⅣA評価

    代表キーワード

    聖徳大学社会

    資料紹介

    第二課題:A評価
    育児の負担を軽減する方法について述べなさい。

    <参考文献>
    社会Ⅳ 高尾公矢 聖徳大学通信教育部 平成13年4月
    超少子化‐危機に立つ日本社会 鈴木りえこ 集英社 平成16年10月
    HP:
    http://www8.cao.go.jp/shoushi/index.html (内閣府 共生社会政策総括官 少子化対策)


    <コメント>
    第二課題は、まずは「現在少子化対策として行われていること」を明らかにし、その上で「では本当に必要なことは何か」を述べていくという形式で作成しました。確かに経済的援助や保育所の整備は大事だが、それだけでは限界があるという考えに依っています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題第一設題
    少子高齢化の流れを食い止めるための重要な方策のひとつに、育児の負担軽減というものがある。いかにすればそれは達成することができるか。政府が進めている政策としては、仕事と育児が両立できるように育児休業を取るようにすることや、休業後に職場復帰しやすい環境整備を推進というものがある。この育児休業は、従来の給付は「育児休業基本給付金」と職場復帰した際に給付される「育児休業者職場復帰給付金」の2本立てであったが、2010年4月からは「育児休業基本給付金」への一本化し、休業時給料の50%が1年間給付されている。また、健康保険がきかない妊娠・出産費用は家計に大きな負担となるため、これに対して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。