聖徳大学 「社会Ⅳ」 第一課題(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数321
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    第一課題:A評価
    少子高齢化が社会経済に及ぼす影響について述べなさい。

    <参考文献>
    社会Ⅳ 高尾公矢 聖徳大学通信教育部 平成13年4月
    超少子化‐危機に立つ日本社会 鈴木りえこ 集英社 平成16年10月

    <コメント>
    第一課題は、「未来」の話だけでなく「過去」と「現在」を明らかにし、その上で「これからどうなるか」「どのようなことが問題になっていくか」を述べていきました。分かりやすくまとめられたように、自分では思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題第一設題
    現状の社会構造のまま少子高齢化が進んでいけば経済は低迷するだろう。生産年齢人口である15~64歳は既に減少過程へと入っており、長期的な労働者数の減少は不可避である。そのように生産層となる若年層が減り、非生産層である高齢者の割合が増えれば、当然社会全体の生産力は減少する。また、年金や社会保障負担も問題となっているが、その面における若者の負担は当然増すことになる。若者だけでなく高齢者にも負担は分配をされるであろうから、そのことで高齢者が貯蓄を取り崩してなんとか生活をするというのであれば、それは社会における資本も減少することとなろう。若者と高齢者の双方が支出を控えれば当然消費も落ち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。