美術概論  s0606 平成23年度最新科目最終試験問題 3問 解答例セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数851
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年最新版、美術概論1科目最終試験です。教科書にそってわかりやすく纏めています。あまり出回ってないようです。3問ですが参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『S0606 美術概論Ⅰ』
     2011年版 科目最終試験問題 3設題 解答例 セット
    教育史における「美術の教育」「美術による教育」に関する主張について論述すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。
    【 創造主義美術教育・美術による人間形成・学問に依拠した美術教育 】
    2. 答案の冒頭で平成20年版学習指導要領・図画工作「教科の目標」を正確に示し、その意義・構成等について論述すること。
    3. 図画工作における評価と評定の違い、それぞれの実践上での留意点を説明せよ。
    【 評定・形成的評価・相対評価 】使用して
    教育史における「美術の教育」「美術による教育」に関する主張について論述すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。
    【 創造主義美術教育・美術による人間形成・学問に依拠した美術教育 】
    美術教育は「美術の教育」と「美術による教育」に分けられる。前者は「美術を学ぶことが目的である教育」であり、後者は「美術、造形を手段とした教育」である。以下教育史における両者に関する主張を論述する。
    「美術の教育」は古くは中世より技..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。