【H25.26年度対応】0035心理学<分冊1>日本大学通信教育部/評価S

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数723
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【参考文献】
    心理学辞典/中島ら
    心理学への招待/梅本・大山

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.ウエルトハイマーの群化の法則である近接、類同、閉合、よい連続の各要因について
     群化の法則とは、多くの対象を体制化する働きのことである。ゲシュタルト心理学の創始者マックス・ヴェルトハイマーによって明らかにされた。または体制化の法則とも言われる。体制化の法則には様々な要因があり、それらが複雑に絡み合い、知覚に影響を及ぼす。
    ・近接
    他の条件が等しければ、視野の中で近い距離にあるものが纏まり、群をつくる傾向があることをさす。例えば、夜空に一つ一つの星ではなく星空を見たり、単語と単語の間を空けずに続けて書いた英語文が判じ物になってしまうのは、この要因による。
    ・類同        
    性質の異なる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。