【H25.26年度対応】0024経済学<分冊2>日本大学通信教育部/評価S

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数807
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【参考資料】
    実験で学ぶ経済学/大塚友美
    入門マクロ経済学/中谷 巌

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イギリスの経済学者ケインズが『雇用・利子および貨幣の一般理論』で提唱した「有効需要の原理」とは、供給量を需要量に見合って最適な水準に調整した結果が、一国の産出量あるいは国民所得に均衡水準を決定する原理をさす。
    アダム=スミス以降の伝統的経済学は、市場の働き(神の見えざる手)の働きに信頼を寄せ、「自由放任」と「自由競争」をもとに、多数の生産者と需要者に自己責任を求めていた。しかし、独占企業の進展から貧富の格差が拡大したことで、市場経済(資本主義)を廃止し平等な経済を築こうとする社会主義や、国家の介入により経済の安定成長と社会経済的弱者の生存権(社会権)の擁護を図ろうとする修正資本主義の台頭があっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。