【H25.26年度対応】0017文学<分冊2>日本大学通信教育部/評価S

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数849
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本大学日大文学通信0017分冊教育芸術

    代表キーワード

    日本大学文学0017

    資料紹介

    参照文献 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B8%E8%A1%93
    文学概論/吉田精一

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    芸術とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者とが相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動であり、美術、文芸、音楽、建築、演劇などを指す。表現者側の活動として掴まれる側面が強く、その場合、表現者が鑑賞者に働きかけるためにとった場合に分類可能と手段、媒体、対象などの作品やその過程を芸術と呼ぶ。表現者が鑑賞者に伝えようとする内容は、信念、思想、感覚、感情など様々である。
    表現者が、どのような手段、媒体を用いるかによって、芸術を多くのジャンルに分けることができる。絵画や建築などの「美術」、演奏や歌唱などの「音楽」、演劇や歌舞伎などの「パフォーミングアート」、ファッションやグラフィックなどの「デザイン」、その他、映画や漫画などがある。
    絵画が色と形の、音楽が音の芸術であるのに対し、文学は小説や詩などに代表される言語芸術、「言葉の芸術」である。哲学者であるエドモン=バアクは、言葉を「聚成語(人間・樹木等)」、「単純な抽象語(赤・円形等)」、「複雑な抽象語(徳・自由等)」の三種類に分け、「複雑な抽象語」は、実際の表象を引き起こすことができないほど、情緒に及ぼす力が乏しいが、実際..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。