佛教大学 教育方法学 第2設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数439
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度の合格レポートです。
    参考にしてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師の技術や実践知とはどのようなものであるか、またそれを共有することの意義を整理し、さらに教育技術や実践知を表現する方法や流通させるための方法を考え、具体的に説明せよ。
     学習者に取り巻く環境は多様化していき、より柔軟な教育をしていかなければならず、教育技術を高めなければいけない。教育技術というのは従来の、教科書通りに説明、板書、発問、指示、といったものだけでなく、授業設計、授業分析、学習管理などの教室外ですることも多くなってきている。さらに今日での情報化社会によりこういった教育技術を1つの学校といった組織だけで共有するのではなく、全国に向けて教育技術が共有されるべきであるということが考えられてきている。これらのことを考え、まず教育技術、実践知というものは何か考え、情報社会の中でどのようにして共有していくか説明する。
     教育技術で最も重要なのが設計段階である。新しい授業を生み出すときは、最初からはっきりしているわけではない。漠然としたアイディアはあるが、実現したい授業はまだ形にはなっておらず、いろいろ思いながら徐々に形になっていく。つまり技術というのは自分の中から生まれてくるものであり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。