佛教大学 英語コミュニケーション A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数275
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度のレポート結果です。
    参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)テキストの第1章“The Americans”から第6章“The Chinese”までを読んで、それぞれの内容に関する自分の意見を日本語で述べなさい。
    【THE AMERICANS】
     まずアメリカ人はフレンドリーである。ファーストコンタクトの時ではパワフルな振る舞いで、すぐに打ち解けようとしている。プライベートの話も混ぜて話してくるが、仲良くなるためであり、中身は重要ではない。
     アメリカは消費主義であり、お金で買えないものは何もないと言っている。確かに働くことで富を得ることができるが、人の気持ちや、友達といったようなものは、お金では買えないのではないかと思う。アメリカ人は個人主義者が多く、あまり友人を必要としていないかと感じる。    
    アメリカ人は自分の国が1番だという考えがある一方で、自分の身は自分で守るといったような考えがある。個人主義であり、家族や自分を守るためには銃を持っている。日本とはこの面において決定的に違い、私は日本が銃を持つことになると治安が悪くなるように思える。
    この文章全体的にはアメリカ人はポジティブで明るい性格であると感じる。個人主義の考えが多いが、私..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。