s0649プログラミング1_メディア履修

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数19
閲覧数853
ダウンロード数66
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度佛教大学夏期スクーリングのプログラミング1のメディア履修の課題です。スクーリングも合わせての結果は100点でした。プログラム中にはコメントで多少解説しています。参考にしていただければ結構です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一回目
    必修課題1
    高級言語に含まれる言語をどれか一つ挙げて、その言語が開発された歴史や背景等、加えて、その言語が使用される場合や用途についても述べよ。
     C言語について述べる。C言語は、マーティン・リチャーズによって開発されたBCPL言語をルーツにしていると言われている。ケン・トンプソンは、このBCPL言語を参考に、B言語を開発した。そして、このB言語をもとに、1972年、AT&Tベル研究所のデニス・リッチーによって開発されたのがC言語である。表記法などは、PascalやB言語の祖先であるALGOLに近くなっている。当時、デニス・リッチーはケン・トンプソンらと共同で、ミニコンピュータのオペレーティングシステムであるUNIXの開発を行っていた。このオペレーティングシステムは当時、初期の段階ではアセンブラ言語を用いて開発が行われていたが、その後、C言語で書きなおされることとなった。そして、そのUNIX本体だけではなく、その上で動作するアプリケーションもC言語で開発されていく。このため、UNIXの世界ではC言語が広まり、さらには大型コンピュータやパーソナルコンピュータの世界にも広がって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。