実習計画 母性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数695
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【平成  年度課題別実習・実習計画書】
    名前                    
    【テーマ(自己課題)】
    初産婦と経産婦への不安の軽減
    【このテーマ(自己課題)を選定した理由】
    領域別実習では、初産婦と経産婦を受け持った。
    双方と関わるうち、初産婦と経産婦では育児に対する不安の内容に違いがあることが分かった。初産婦では、育児に漠然とした不安を抱えており、「赤ちゃんが具合が悪くなったときに気づけるだろうか…」「授乳のタイミングがよく分からない」また「何が分からないのか分からない」というような発言がみられた。経産婦では「上の子もまだ動き回る年なんだけど、うまく2人を見れるかしら?」「上の子に寂しい思いをさせない様に出来るかしら?」等のように、既にいる新生児の兄姉のことが多かった。
    文献においても、初産婦・経産婦では退院時の不安の内容に違いがあった。しかし、1ヶ月健診時には共通の不安が上位にあげられていた。
    病院においては退院時に指導は行われているが理解しきれない部分があったり、退院後の生活が具体的にイメージできないということもあるのではないかと考えた。そこで、退院後の生活における不安の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。