小児と家族・小児看護学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数754
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小児看護学 健康障害をもつ小児とその家族について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに…
    子どもは家庭という狭い社会の中で主に生活している。また、家庭の中では子どもは小さくとも、主役のようなものである。子どもによって家族が受ける影響はとても大きいと考える。その子どもが健康を害した時、本人である子どもはもちろん、家族へ与える影響は心理的、生活的にもとても大きなものだと思う。家庭内での子どもの立場と家族へ与える影響について、考えてみようと思った。
    1・小児と家族
    ~子どもから見た家族~
    ・子供は家族に守られ、家族との相互作用の中で、最初の人間関係を築き、生活習慣を確立し、
    少しずつ社会性を身につけていく。
    ・子どもは食事・睡眠などの基本的なニーズを満たすこと全てを家族に依存している。
      →家族は子どもにとって最も身近で、生きてゆくために必要なことをすべて提供してくれる。
    つまり、子どもは自分の世話をしてくれる家族なしには生きられない。
    ~家族から見た子供~
    ・家族は子どもに愛情を与えると同時に、子どもから愛情・幸福、やすらぎなどを感じており、
    子どもに支えられて生きている。
     子供と家族はひとつの単位であり、子どもへの看護は家族への看護である
    → 小児看護におい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。