08806 生活科指導法 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数579
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生活科の学習指導の留意事項4点について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)科学的見方の基礎

    理論 
     「科学的見方」とは、自然物や自然現象を解き
    明かす方法や手続き及び学習の結果獲得した知識
    や概念(自然現象)等を指している。
    「科学的な見方の基礎」とは、生活の中の自然体
    験であり、それぞれ①動植物の体験②砂・泥・石
    の体験③水の体験④火の体験⑤空・天体の体験⑥
    半自然物の体験である。 
     また、「科学的な見方の基礎」を育てる要素と
    は、自然体験を通して、心の面では、「豊かな心
    情」や「生命観」、「知的好奇心」や「自然認
    識」、「科学的思考力」や「表現力」を育てるこ
    とにより、「科学的な見方の基礎」を育てること
    ができる。体験と理性の面では、「自然認識の芽
    生え」及び「科学的思考力と表現力の芽生え」が
    重要である。

    具体例
     第1学年の生活科において、子どもたちが育て
    たあさがおの花を使った色水遊びを例に挙げる。
     まず、色水を使って作った作すること
    により、が「遊びたい」といを
    持たせる。
     に、は、子どもたちが色のの
    にき、などを・しなが
    的に色水を作る作ことができるよ問
    を工夫する。「どのくらい水を入れたらいいか
    な」「色がて見えないよ。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。