08806 生活科指導法 第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数998
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生活科の教科目標4点と学年目標4点との関連、意義、具体的事例

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題
    生活科の今日的意義とは、以下の3点である。
    その1
     
    直接体験を重視した学習活動を行うこと

    身の回りの地域や自分の生活に関する学習活
    動を行うことなどにある。また

    それらの学習活動において

    自分の生活や自分自身につ
    いて考えさせたり

    生活上必要な習慣や技能を身に付けさせたりして

    自立への基礎を
    養っていくことである。
    その2
     
    気付きの質を高め、活動や体験を一層充実するための学習活動を重視する。また、科学
    的な見方・考え方の基礎を養う観点から、自然の不思議さや面白さを実感する学習活動を
    取り入れることである。 
    その3
     
     児童を取り巻く環境の変化を考慮し、安全教育を充実することや自然の素晴らしさ、
    生命の尊さを実感する学習活動を充実する。また、小学校における教科学習への円滑な接
    続のための指導を一層充実するとともに、幼児教育との連携を図り、異年齢での教育活動
    を一層推進することである。
    自分の考え
     
    近年、児童を取り巻く社会や自然の環境きく変化している。そのため、もたち
    然に直接るや、生命の尊さを実感するといったなくなってきている

     したて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。