08802 国語科指導法 第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数425
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国語教育の実践「書くこと」
    思考力・表現力を高める「書くこと」の学習指導の在り方

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    小学校国語科の内容については、学習指導要領解説より、「話すこと・聞くこと」、
    「書くこと」、「読むこと」の
    3領域と伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項
    から
    構成されている。では、「書くこと」について具体的に以下述べていく。
    1.各学年における「書くこと」の目標
    (低学年)
     経験したことや想像したことなどについて,順序を整理し,簡単な構成を考えて文や文
    章を書く能力を身に付けさせるとともに,進んで書こうとする態度を育てる。
    (中学年)
     相手や目的に応じ,調べたことなどが伝わるように,段落相互の関係などに注意して文
    章を書く能力を身に付けさせるとともに,工夫しながら書こうとする態度を育てる。
    (高学年)
     目的や意図に応じ、考えたことなどを文章全体の構成のを考えて文章に書く能力を
    身に付けさせるとともに,に書こうとする態度を育てる。
    2.
    「書くこと」の指導
    のねらい
    書くことの
    内容は

    ように構成している。
    (1)
    課題設定や取材に関する指導事項

    低学年

    経験したことや想像したことなどから書くことを

    書こうとするにな事
    ること

    中学年

    関ことなどか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。