08816 (教科) 音楽 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数425
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    音楽表現の方法である、「歌唱」「器楽」の二つについて述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、音楽科の目標
    小学校音楽科の学年の目標は、
    (1)音楽活動に対する興味・関心,意欲を高め,音楽を生活に生かそうとする態度,習慣を育てること。
    (2)基礎的な表現の能力を育てること。
    (3)基礎的な鑑賞の能力を育てること。  
    であり、(2)の基礎的な表現の能力を育てることについては、低・中・高学年のそれぞれ目標として、
    ・基礎的な表現の能力を育て,音楽表現の楽しさに気付くようにする。(低学年)
    ・基礎的な表現の能力を伸ばし,音楽表現の楽しさを感じ取るようにする。(中学年)
    ・基礎的な表現の能力を高め,音楽表現の喜びを味わうようにする。(高学年)
    である。
     また、各学年を通じて、
    A 表現
    (1) 歌唱の活動を通して,次の事項を指導する。
    ア聴唱・視唱すること
    イ音楽を感じ取って歌唱の表現を工夫すること
    ウ楽曲に合った表現をすること
    エ絵を合わせて歌うこと
    (2) 器楽の活動を通して,次の事項を指導する。
    ア聴奏・視奏すること
    イ音楽を感じ取って器楽の表現を工夫すること
    ウ楽曲に合った表現をすること
    エ音を合わせて演奏すること
    という内容で構成している。
    2.「歌唱」
     歌唱指導に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。