概念識別(心理学実験レポート)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,673
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    カラーグラフを用いて分かりやすいレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学実験No. レポート
    概念識別
    提出日:20○○年○○月○○日
    心理学実験No. クラス
    学籍番号 ○○○○○○  氏名 心 理 太 郎        
    提出先(実験指導教官):指 導 使 太 郎
    Ⅰ.実験目的
    概念識別の形成過程について学ぶこと。この場合、概念形成が、連合強度に依存する漸増仮説(正答率は試行とともにだんだん高くなる)なのか、仮説検証を繰り返す悉無仮説(正しい仮説をとるまでは正答率は偶然正答率のまま)なのかを実験により明らかにすること。
    Ⅱ.実験方法
     本実験は以下の諸条件の下で行った(以下、現在形)。
    実験日時、実験場所
    日時:20○○年○○月○○日 第○~○時限目
    場所:○○大学○○学部○○学科 心理学第○教室
    実験参加者
    平成2○年度入学第○回生 ○○学科生徒 ○○名
    実験者
    (2)の実験参加者から選出
    実験材料
    32枚の絵カード。顔の長さ(短い-長い)、顔の形(丸い-角張った)、目(つり目-たれ目)、鼻(△-○)、毛(多い-少ない)の各2値と5つの属性次元の組合せで構成されている。このような事例の組を、1枚のカードに1事例ずつ描いたものを用いる。
    概念の名..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。