ミュラーリヤー(心理学実験レポート)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数5,716
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ミュラー・リヤーの錯視図形を用いて、精神物理測定法の一つである調整法により、錯視量測定を行っている。図形、グラフを用いて分かりやすいレポートとなっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学実験No. レポート
    ミュラー・リヤーの錯視
    ―調整法による錯視量の測定―
    提出日:20○○年○○月○○日
    心理学実験No. クラス
    学籍番号 ○○○○○○  氏名 心 理 太 郎        
    提出先(実験指導教官):指 導 使 太 郎
    Ⅰ.実験目的
    幾何学的錯視として有名なミュラー・リヤー(Muller-Lyer)の錯視図形を用いて、精神物理的測定法の一つである調整法(Method of adjustment)によって、錯視量の測定を行う(「心理学実験マニュアル」どおり)。
    Ⅱ.実験方法
     本実験は以下の諸条件の下で実施した(以下、現在形)。
    実験日時、実験場所
    日時:20○○年○○月○○日 第○~○時限目
    場所:○○大学○○学部○○学科 第○講義室
    実験参加者
    平成○○年度入学第○回生 心理学科 ○○名
    実験者
    実験参加者の中から選出
    実験材料
    ミュラー・リヤー錯視図形
      ミュラー・リヤー錯視図形は、図1に示すaの長さを一定において、bの長さを変化させ、aとbが等しく見えるときのa、bの長さを測定する器具である。このaを「標準刺激」、bを「比較刺激(変化刺激)」という。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。