ストループ効果(心理学k実験レポート)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数3,194
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    実験に使用するカードの青、赤、黄の文字、マーク全て原色どおりの彩色がしてあり、実験と同じ臨場感あるレポートとして丁寧に作成されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学実験No.  レポート
    ストループ効果(Stroop Effect)の実験
    提出日:20○○年 ○○月 ○○日
    心理学実験No. クラス
    学籍番号123456789   氏名 心 理 太 郎        
    提出先(実験指導教員):指 導 使 太 郎
    Ⅰ.実験目的
    ストループ効果とは、言葉の意味とは異なる色のついた色名単語の色を呼称する(赤色で書かれた「あお」という文字を見て「赤」と回答する)時、単なる色パッチ(色で塗りつけられた領域)の色を呼称する時より反応が遅くなる、という現象のことである。また、逆ストループ効果とは、言葉の意味とは異なる色のついた色名単語の文字を読む(赤色で書かれた「あお」という文字を見て「あお」と回答する)時、単なる黒文字を読む(黒色で書かれた「あお」という文字を見て「あお」と回答する)時より反応が遅くなる、という現象のことである。本実験では、こうしたストループ効果あるいは逆ストループ効果が生じるメカニズムを実験的に検討する(「実験とテスト」より引用)。
    Ⅱ.実験方法
     実験方法は以下の(1)~(6)の手続きに従って行った。
    実験日時、実験場所
    実験日時:..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。