佛教大学通信 教育相談の研究 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数251
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。」2011年7月
     
    「学校カウンセリングにおける教師とスクールカウンセラーそれぞれの取り組みについてよく述べられている。」と所見に記されており、A判定のレポートです。
     また、文章はほとんど教科書から抜粋しているので参考になるかと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題
    について述べなさい。』
     カウンセリングとは、依頼者の抱える問題・悩み等に対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングには大きく分けて治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングの二種類がある。治療的カウンセリングとは、神経症などその症状や悩みのために、本人の日常生活に支障をきたしており、自分自身が病気であるという認識がある場合に、精神分析などといった専門的な知識と技術を用いて症状や病気を治療することである。これは、自我がこれ以上発達しない成人に対する治療であり、自我の発達途上にある子どもに対してのカウンセリングが発達援助的カウンセリングである。このカウンセリングは治療すなわち症状や病気を治すことが目的でなく、子どもの人格(心的構造)がバランスよく発達を遂げるよう援助することが目標である。それゆえ、学校カウンセリングといえば、多くの場合、この発達援助的カウンセリングをさす場合が多い。心的構造とは、快楽を追求するイド(快楽主義)、自分の行動を決定する自我(現実原則)、行動の規範としての超自我(自我理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。