終末期を迎える高齢者とその家族に必要な看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数348
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            終末期を迎える高齢者とその家族に必要な看護 
                               
     現在の日本では、高度医療や医療技術の進歩により、生命はおろか死まで管理されるようになった。また、戦前は出産や病の療養の場は家であり、死を迎える場も家であったが、戦争を経て生命は病院主導のものとなり、命をいかに延ばすかに重きをおかれる医療となったため、死を迎える場は病院にシフトしてきた。
    そのため、現代社会において死は非日常的なこととなっていると考えられる。高齢者の場合、他の年代に比べると確かに死を近い将来ととらえているが、現実感は希薄である。         高齢者個々人がよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。