テスト対策; 重要ポイント(労働法)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数42
閲覧数773
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    目試験に合格した暗記用の重要ポイントです。個人利用だったため形式のばらつきや多少変な言い回しがある点はご了承下さい。多くの重要ポイントを短期間で確認・習得したい方にお勧めです。 特に重要な33のポイントを論述形式で収録してこの価格!手間を考えればおトクです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    争議
    労働者の団体、使用者もしくはその団体が労働者の労働条件維持改
    善やその他経済的地位の向上に関連して発生した労使間の紛争を
    解決するため、集団的実力手段によって平和的かつ正常な労使関係
    を阻害する闘争的状態のことである。争議の種類は;
    ①ストライキ
    ②サボタージュ
    →労働を提供している外観をたもちながら、故意に質的・量的に不完
    全な労働を提供
    ③ピケッティング
    →ストライキに伴って行われ、ストライキの効果を確保するために行
    われる補助的な行為。例えば使用者を労働市場から引き離す、ある
    いは商品市場から引き離すことを目的に、スト破り(スキャップ)の就
    労の阻止または出入荷を阻止しストライキ関係者の脱落を防ぎ、第
    三者へのストへの協力を求めることなど
    また、ノーワークノーペイの原則により、争議参加者は原則として賃
    金請求権が発生しない。労基法26条が定める休業手当の受給権が
    発生するわけでもない。
    団体交渉
    団体交渉の対象となる事項には、義務的団体交渉時効と任意的団
    体交渉事項がある。
    義務的団体交渉時効は構成員たる労働者の労働条件やその他の待
    遇、団体的労使関係の運営に関する事項など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。