テスト対策; 重要ポイント(アメリカ政治史)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数37
閲覧数1,270
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目試験に合格した暗記用の重要ポイントです。個人利用だったため形式のばらつきや多少変な言い回しがある点はご了承下さい。多くの重要ポイントを短期間で確認・習得したい方にお勧めです。 特に重要な30のポイントを論述形式で収録してこの価格!手間を考えればおトクです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保守と中道
    クリントン政権の特徴は、それまでのリベラルに傾きつつあった政権
    の基本方針を中道に戻すことであった。福祉改革法への署名、犯罪
    対策、子供のしつけ、学校での制服着用、未成年の夜間外出禁止な
    ど保守的な動きをした。また、テレビ番組を巧みに使い、セックスや暴
    力の規制、青少年の喫煙禁止、10代の妊娠問題などに積極的に言
    及し、価値に関わる問題で積極的な姿勢を国民に植え付けた。
    クリントンは女性、黒人、ヒスパニック、低学歴層、低中所得層、カト
    リックとユダヤ教徒など、比較的弱者からの支持が多かった。
    クリントン政権の優先順位は当初から内政におかれていた。外交に
    触れる場合も主に国内経済を強化するため御手段として行われた。
    外交面では、最も重要な安全保障について、地域紛争への対応につ
    いて、経済・人権・安全保障・コストなどを統合する原理について首尾
    一貫していたとは言い難いのが特徴である。冷戦終了後大量殺戮が
    行われたボスニアヘルツェゴビナ問題でも、クリントン政権は。軍事介
    入の検討→欧州諸国による拒絶→静観へと揺れ動いた。対中せいさ
    くについてもそうで、選挙戦で人権問題を取り上げて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。