テスト対策; 重要ポイント(地学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数29
閲覧数511
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目試験に合格した暗記用の重要ポイントです。個人利用だったため形式のばらつきや多少変な言い回しがある点はご了承下さい。多くの重要ポイントを短期間で確認・習得したい方にお勧めです。
    30のポイントを収録してこの価格!手間を考えればおトクです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高温高圧実験
    地球の層を構成する面における段階的な気圧及び温度の層ごとの温度、圧力条
    件の違いにより鉱物の安定度合いが異なる。高温高圧実験はこれらを分析するこ
    とで、圧力、温度条件の変化で鉱物相が変化する現象(=鉱物相転移)を実験に
    より求め、実際の地震波速度の情報を得ることで地球内部を構成する鉱物の種類
    を知るもの。
    電気伝導度分析、地磁気変化
    マントル偏移層に相当する400-500kmの付近の電気伝導度が2桁急激に層化する
    ことがわかっている。これにより電気抵抗の2桁の不連続変化を読み取ることでカ
    ンラン石がスピネル相に手にすることを推計する分析が電気伝導度分析である。
    同じうような発想で、地磁気の急激な不連続変化を捉えて地層を推計する方法が
    地磁気変化である。
    隕石研究
    惑星物質の破片などの質量の大きな流星が地上に落下した場合、待機との摩擦
    熱で気化してしまう部分があるが、残って地上に落下までしたものを隕石と言う。
    地球はこの隕石が集まってできたものと言われており、これを研究することで地球
    の組成物を推定することができる。
    隕石は、ケイ酸塩鉱物とニッケル鉄合金の量比により3つに分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。