テスト対策; 重要ポイント(法学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数468
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目試験に合格した暗記用の重要ポイントです。個人利用だったため形式のばらつきや多少変な言い回しがある点はご了承下さい。多くの重要ポイントを短期間で確認・習得したい方にお勧めです。
    論述問題に勝てる長めの記述を12ポイント収録しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の基礎
    法が何によって法であり得るかという基礎付け。主に以下のものがある;
    ①自然学説
    ②命令説
    ③歴史法説
    ④承認説
    ⑤実力説社会意識説
    法存在をめぐる諸学説は、法が何の目的で生まれ、利用されてきたのかについて
    の説でもあるため、論者により様々な見解がある。しかし、その目的が支配なのか
    知の共有なのか自制なのかは別にして、法がその時代、その国を生きた先人たち
    社会において守るべきルールとして存在し、時に強制力となり、また時に道しるべ
    となったことは確かである。様々な考えを持つ人間をひとつの方向に集約させるこ
    とで社会全体を治めようとしたその必要性が、ルールや定則を確立したのである。
    法存在の諸学説は、様々な民族の様々な歴史的事象が生まれては消えた後に
    残ったルールとしての法を、その誕生の歴史と背景を後になって説明すべく与えら
    れた指針である。その意味で、これら学説は法の歴史そのものを探求する行為で
    あり、国の歴史、民族の歴史、更には人間の歴史そのものを、精神、思考といった
    無形のものに及ぶところまで遡ろうとする、時に哲学や倫理学にまで触れる学問で
    あると言える。その意味で、法存在の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。