テスト対策; 重要ポイント(体育理論)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数823
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目試験に合格した暗記用の重要ポイントです。個人利用だったため形式のばらつきや多少変な言い回しがある点はご了承下さい。多くの重要ポイントを短期間で確認・習得したい方にお勧めです。
    論述から穴埋め問題までカバーできる重要な20のポイントを習得。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エネルギー供給
    ATP-CP系、乳酸系、酸化系がある。
    ADPとATPが分離するときにパワーが発生する筋力において、確保しにくいATPをいかに補充するかが
    決めてであるが、ATP-CPは瞬間的なパワーがある代わりに持続しないため瞬発力が必要なもの、酸化
    はゆっくり少量生成されるため持続力が必要なとき、そしてそのバランス方が乳酸系と言える。
    最も高強度の運動を可能にするATP-CP系では、酸素を用いない一方で、全力運動の場合持続時
    間が7-8秒と極めて短い。インパクト系のスイング、砲丸投げ、100m走などが挙げられる。
    乳酸系は筋に蓄えられたグリコーゲンを分解して乳酸を生成し、そこからADPを作りATPを再合
    成する。30秒程度しか持続はしないが、強度はATP-CPに次いで大きい。400m走や100m水泳な
    ど比較的中距離の中からのいる運動に向く。
    酸化系では、糖質を脂肪と酸素を用いてATPを作り出すが、時間がかかるため持久力が発揮される
    運動に向く。無酸素性作業闘値(ATT)は、血中の乳酸が上昇し続けることなく行える最高の運動
    強度のことで、ランニングであればある一定以下のスピードなら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。