相対年代法について(単位取得)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,054
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート地学歴史地域生物地球調査方法時間単位取得

    代表キーワード

    地学

    資料紹介

    単位を取得済みの合格レポートです。地学や考古学の分野において、それぞれの現象が起きた年代値の推定と把握をする地球・惑星年代学は本質的に重要な作業のひとつである。何故ならそれらの年代値を元に、地球や人類の進化を探ることが可能となるからである。具体的な目的としては特定の年代の推定からその前後の歴史的な流れを認識する場合や、特定のものに対してその経過時間を見積もる場合などがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地学や考古学の分野において、それぞれの現象が起きた年代値の推定と把握をする地球・
    惑星年代学は本質的に重要な作業のひとつである。何故ならそれらの年代値を元に、地球
    や人類の進化を探ることが可能となるからである。具体的な目的としては特定の年代の推
    定からその前後の歴史的な流れを認識する場合や、特定のものに対してその経過時間を見
    積もる場合などがある。
    相対年代法とは
    地質学では、化石や地層の類似からその堆積による上下関係を調べ、ここから時間的な前
    後関係を推定してきた。こうして推定された年代を相対年代と呼ぶ。相対年代は、特定物
    質の化学反応や放射性同位体核種の放射壊変などを利用して具体的な推定数値を得る放射
    (絶対)年代法と比較される。地層の重なり方を調べることで地層の相対的古さを決める
    相対年代法は、主に3つの法則に基づいて推測を進めていく。
    重要な法則
    まず一つ目の手法は地層累重の法則である。これは地層が古い順にかさなるため下位の層
    が上位の層よりも古いとする法則である。つまり a、b、c という地層が下から重なってい
    るのであればその順に古いと考える法則である。
    二つ目は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。