恒星のエネルギーについて(単位取得)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数177
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    単位を取得済みの合格レポートです。恒星は自ら光と熱を放つ大きなガスの球である。銀河において、ちりとガスの雲の中でこうした恒星が生まれる。ガスはほとんどが水素であり、重力によって雲の内部へこのガス引き込まれていくと、雲は回転し始める。
    この回転によりガスの原子が互いにぶつかり合い、その速度も加速する。これが熱エネルギーを生み出し、雲の内部は非常に高温になることで原始恒星が生まれる。原始恒星はさらに過熱し、核融合反応も起こり、雲は光を放ち始める。この輝きが安定し主系列星となると、長きにわたって光を放ち続けるようになる。その命はその恒星の重さによって決まると言われ、太陽の命は100億年くらいと考えられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    恒星は自ら光と熱を放つ大きなガスの球である。銀河において、ちりとガスの雲の中で
    こうした恒星が生まれる。ガスはほとんどが水素であり、重力によって雲の内部へこのガ
    ス引き込まれていくと、雲は回転し始める。
    この回転によりガスの原子が互いにぶつかり合い、その速度も加速する。これが熱エネ
    ルギーを生み出し、雲の内部は非常に高温になることで原始恒星が生まれる。原始恒星は
    さらに過熱し、核融合反応も起こり、雲は光を放ち始める。この輝きが安定し主系列星と
    なると、長きにわたって光を放ち続けるようになる。その命はその恒星の重さによって決
    まると言われ、太陽の命は 100 億年くらいと考えられている。
    恒星のエネルギー
    恒星は水素とヘリウムが重力で集積することにより生まれる。原子は原子核と電子より
    構成されており、電子の運動状態と原子核に対する位置により原子の持つエネルギーが異
    なる。太陽は恒星のひとつであり、そのエネルギーは 4 個の水素原子核から 1 個のヘリウ
    ム原子核が作られる核融合反応によって起こる。この反応により減少した質量は、アイン
    シュタインの質量とエネルギーの関係式、E=mc
    2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。